私が(株)グリーン・パトロールの社長になってから38年経ちましたが、先代と先々代を含めると、私達が庭に携わってから100年ぐらいになります。

私は千葉大学の造園学科で造園全般を専門に学び、その後、造園設計会社や施工会社に勤務し、家業である造園会社(グリーンパトロール)を引き継ぎました。

大学で学んだ専門知識に現場で培った技術や経験が加わったため、一般住宅の設計・施工・管理においては自信があります。

特にお客様に人気があるのは7名(2019年4月現在)の女性一級建築士です。
女性一級建築士がお宅に伺いお話を聞いて、ご提案図面や見積もりを作成し、予算の事まで気軽にご相談頂けます。

「女性の建築士さんだと相談しやすくて安心」「女性ならではの細かな配慮が活かされて嬉しい」と奥さま方に大好評です。

会社概要

社名株式会社 グリーン・パトロール
代表取締役狩谷 昌伸
所在地神奈川県茅ヶ崎市東海岸北4-2-5
フリーダイヤル0120-041301
TEL0467-87-3920
FAX0467-83-7301
E-mailgreenpat@green-patrol.co.jp(←@を半角にしてご利用ください )
資本金1000万円
創業1900年4月
設立1986年2月
事業概要住宅に関する一切の設計・施工・管理
1.新築・建替・増改築工事
2.屋内・屋外工事
3.水まわり工事ハードウッド材料の販売
免許建築業許可番号 神奈川県知事 般55553
資格一級建築士
一級土木施工管理技士
一級造園施工管理技士
耐震診断士
増改築相談員
防蟻認定施工士
毒物劇物取扱主任
トステム認定施工士
交通JR東海道線 茅ヶ崎駅より徒歩15分
地図

ごあいさつ

私のモットーは“幸せな「家庭」”すなわち幸せな「家」と「庭」をつくる、ということです。

家というものは、家の中はもちろんのこと、家の外(庭)もきれいにしておきたいものです。
「家庭」という字が表しているように、家と庭は一体なのです。

例え家が古くても、お庭をスッキリ綺麗にすることで、家は引き立つものです。

「家」と「庭」の双方をきれいにして、たくさんの幸せな「家庭」をつくること。これが私の夢なのです。

運気と言えば、陰陽道で「鬼が出入りする方角」とされている、北東の方角「鬼門」。
運気を上げるためには、この鬼門をきれいにしておく必要があります。

この鬼門に木を植えるとしたら、私はヒイラギナンテンをお勧めしています。
花と実が楽しめ成長が遅いため剪定の手がかからず、日陰でもよく育つ上鬼も追っ払うヒイラギナンテンはおすすめの木、
このように造園学をベースに、先代から受け継いだ豊富な経験と知識を武器に、適材適所なお庭のアイデアをご提案しています。

あともう一つ大切にしていることは「古いものを大切にする」という心です。

よくお客さまから「増えすぎた庭木をどうにかしたい」「大きな庭石がじゃま」というご相談をいただくのですが、

その場合ハウスメーカーや工務店の多くは切ったり捨てたりをすぐ提案しますが私は違います。

私は何でもすぐ捨ててしまうのではなく、先代から受け継いだものを大切にしながら、新しいものと融合させたいと思っています。

昔から生えている庭木を簡単に切り倒して、味も素っ気もない似たような家をたくさん建てることが良いことだとは思わないのです。

鎌倉市の七里ガ浜診療所の建て替え工事の際には、以前から植えられていた大きな桜の古木を筆頭に、庭にある木を一本も切らずに移植し、建て替え工事を行いました。

幹の直径が40cmもある桜の古木がモダンな新しい建物に尊厳と歴史を与えてくれましたので、病気をすぐに治してくれるような印象です。

その結果、七里ガ浜診療所は「環境に優しい診療所」として地元自治会に表彰され、院長御夫妻に「グリーン・パトロールさんに頼んでよかった」と喜んでいただきました。

既存の樹木を大切にしながら、より良い新しい空間を創造していくこと。これは大切なことですね。

今から38年前、植木屋だった父親が突然亡くなってしまい、千葉大の造園学科で学んでいた私は、卒業後あれよあれよという間に気が付けば、25才で植木屋の親方になっていました。

良い職人やスタッフに恵まれたおかげで、今では建て替え・リフォーム・増改築から造園・エクステリアまで、家全体を幅広く対応できる、LIXIL(トステム)のリフォームショップに成長しました。

7名まで揃えた女性一級建築士はもちろんのこと、
職人についても、この道30年、40年の熟練職人さんたちが施工しているそのおかげで、「細かなところまで手を抜かずきれいに仕上げてくれる」と好評なのが、当社 株式会社グリーンパトロールです。